妊娠中のイボを液体窒素で除去!それって可能?

妊娠中にイボができてしまった、または治療したい場合には液体窒素を使った治療を受けても問題はないのでしょうか?
妊娠中のイボ治療について知りたい方は要チェックですよ!

 

 

◆妊娠中にイボができたら?

 

妊娠中は肌がデリケートな状態になっており、さまざまなトラブルが起こりやすい時期です。
あせもやかぶれなどが多発するだけではなく、イボができてしまうこともあるみたいですね。

 

イボをできるだけ早くとるために液体窒素治療を受けても基本的に問題はありません。
イボのある患部にだけ液体窒素をつけて凍結させてしまうので、他の部位への影響はほとんど考えられないからです。
女性の場合は顔や首にイボができることが多いので、お腹への負担もほぼないでしょう。

 

 

◆病院で液体窒素治療を受けるときの注意点

 

妊娠中、特に後期になってくるとお腹が大きくなって張りやすくなります。
イボ治療のために病院を受診する場合、通院回数がネックになる可能性があります。

 

液体窒素を用いた治療では1回目に処置をし、2回目に経過を見せるための再診があります。
軽度のイボであれば良いのですが、イボの根が深い場合には3回目以降にも処置や再診を繰り返すのでそれなりの通院回数になってしまうのです。
何度も病院に足を運ぶのは大変なので、それを踏まえたうえで治療するかどうかを考えておくほうが良いと思います。

 

また、肌の回復力が低下している時期なので痛みや跡が残る可能性もあります。
イボをとったあとにはメイクできないこともありますので、液体窒素を使った治療が必ずしも良いとは言えないのです。

 

 

◆妊娠中のイボケアは自宅でできるものが楽です♪

 

妊娠中よりも産後のほうがイボ治療には適していますが、顔や首など目立つところにできてしまっていると早くなんとかしたいと思うのが女性ですよね。
そこで、自宅でできるイボケアをひとつご紹介します。

 

艶つや習慣は顔や首にできたイボやポツポツを改善してくれる角質ケアジェルです。
塗ってマッサージするだけで角質ケアやスキンケアができちゃう優れものなんですよね。
これなら妊娠中であっても自宅でケアすることができて、身体に負担をかけることはありません。
肌への刺激が少なく、肌荒れなどにも効果があるのが嬉しいですね!

 

 

妊娠中にイボを治療するよりも、自宅でできるケアをするほうがずっと負担が少ないです。
大切な時期に何度も通院するのはとても大変なことなので、ゆっくりケアできる艶つや習慣を使ってみると良いと思いますよ!

 

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

関連ページ

イボを液体窒素で治療する方法とは?痛みや費用を教えて!
液体窒素でイボを治療するときの痛みはどれくらい?液体窒素を使ったイボ治療の痛みや費用、治療期間が知りたい方必見です。
首のイボの取り方にはどんなものがあるの?
首のイボの取り方にはどんな方法があるのか気になりますよね!首のイボの取り方やデメリットを知って最適な方法を選びましょう。
首のイボを予防する方法について
首のイボ予防方法まとめ!首のイボに悩まないためにも予防が大切です♪
首のイボにイボコロリを使っても大丈夫?
首のイボにイボコロリは使える?イボコロリの成分や効果から首のイボに使えるか検証してみました!