イボを液体窒素で治療する際の痛みや費用などを知りたい!

イボの治療方法としてよく知られているのが液体窒素による凍結療法です。
病院でできるため、イボを治すために液体窒素を用いた治療を受ける方が多いですが、実際にはどのようなことをするのでしょうか。
また、子供でも耐えられる痛みなのかについても気になったので調べてみました!

 

 

◆イボ治療といえば液体窒素

 

液体窒素によるイボ治療はかなりポピュラーな治療方法のひとつです。
マイナス196度という超低温の液体窒素を綿棒などにしみこませて、イボ患部を急速に凍結させることによって皮膚表面組織を壊死させます。
壊死したあとには皮膚が再生され、新しい皮膚が押し上げられてきます。
こうすることによってイボの芯(ウイルスのいる異常組織)の原因そのものにアプローチすることができるんですね。

 

液体窒素を使った治療は保険適用されることが大半のため、多くの皮膚科で使われている治療法です。
治療にかかる費用が少なく済むので、いまもイボ治療の主流はこの方法となっています。

 

 

◆痛みはどれくらいのもの?子供でも我慢はできる?

 

液体窒素を使った治療でよく言われるのが痛みについてですよね。
イボができて間もないときは皮膚のなかでも表皮に近い部分にありますが、次第に奥深くへと広がっていきます。
3ヶ月以上放置しておくと毛穴や汗腺にまで感染するため、そこまで深くなったイボを治療するときには痛みを伴います。

 

痛みは個人差が大きいのでなんともいえませんが、大人であっても数日間痛みで冷や汗をかくこともあるほどなので、子供にとっては我慢しがたいこともあります。

 

◆治療期間はどれくらいかかるの?

 

イボの大きさや深度によりますが、治療にかかる通院回数は2回以上です。
長い人では半年〜1年とかかることもありますので、治療期間が長くなる可能性があると考えておく方が良いでしょう。

 

 

◆自宅でイボをケアする方法もあります!

 

病院でイボ治療を受けるとなると通院が必要になりますし、ある程度の痛みを伴います。
子供は特に痛みを恐れるものなのでイボを治療するのは大変ですよね。
そのような場合は自宅でイボのケアをするのもひとつだと思います。

 

艶つや習慣は自宅で簡単にイボのケアができる角質ケアジェルです。
塗って優しくマッサージするだけでイボに働きかけ、痛みを感じることなくケアすることが可能なんですよ♪
小さな子供から高齢者までどなたでも使うことができるので安心です。

 

 

痛みを感じることなくイボを改善したいのであれば、艶つや習慣のようなイボケア化粧品を使ってみるのもアリですよ♪

 

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

関連ページ

妊娠中のイボを液体窒素治療することは可能?他にいい方法はある?
妊娠中にイボを液体窒素治療することができるのでしょうか?妊娠中にできたイボを液体窒素治療するよりもオススメの方法はここからチェックできますよ♪
首のイボの取り方にはどんなものがあるの?
首のイボの取り方にはどんな方法があるのか気になりますよね!首のイボの取り方やデメリットを知って最適な方法を選びましょう。
首のイボを予防する方法について
首のイボ予防方法まとめ!首のイボに悩まないためにも予防が大切です♪
首のイボにイボコロリを使っても大丈夫?
首のイボにイボコロリは使える?イボコロリの成分や効果から首のイボに使えるか検証してみました!